【最安】カジノバスでトロントからナイアガラに行く方法

カナダWH

こんにちは!今回は、トロント市内からナイアガラまで一番安く快適に行けるカジノバスとカジノ内の様子についてです!旅行や学生・観光ビザの切り替えを考えている方は参考にしてみてください!


通称“カジノバス”として親しまれる中国系の旅行会社泰安旅遊(Safeway Tours)圧倒的安さ便数の多さ(毎時間・毎日運行)で有名ですが、最大の魅力はアクセスの良さだと思います。

他のバス会社の到着ターミナルはナイアガラの滝から離れている為、バスやタクシーを利用しないとかなり歩く必要があります。

一方で、カジノバスはナイアガラの滝の目の前にあるFallsview Casino Resort Hotelに到着するので、ビザ切り替えの国境にも近く大変便利です。

※18歳未満は利用できません。

夜中にトロント出発→カジノオール→夜明け前から国境で待機(ビザ切替)→街ブラ→昼過ぎにナイアガラ出発した私の経験をもとに解説していきます。

印の無いバス乗り場?

バス乗り場と言っても実際は何もないただの道(バス停のような看板や印は無いなので分かりづらく、待っている間は少し不安になりますが、時間になれば真っ赤でド派手なバスが現れるのでまず見逃すことはないとでしょう。

バス乗り場3箇所(停車順)

◆Gerrard / Broadview(交差点)

◆Holiday Inn Midtown -30 Carlton St.(College駅周辺)

◆Chinatown Centre -222 Spadina Ave.(HSBC前)

私は最後の乗り場Chinatown Centreから乗車しました。

バス車内は飲食禁止です。

バスを待っている間はひとり暗闇の中で大好きなThai Expressのfried riceを食べてカジノに向けてスタミナをつけました。笑

夜な夜な外のベンチでひとり炒飯を貪る女。

バスが来たら、添乗員さんにパスポートを見せ、好きな席に座ります。

私は夜遅くのバス(22:45発)だったので事前予約無しでも余裕でしたが、Chinatown Centreは最終乗車地点なので定員オーバーで乗れないこともあるそうです。
・電話+1(416) 593-0593
or
・オフィス(Holiday Innの中)
事前予約(無料)しておくと安心です。
(あくまで口頭予約。予約番号・前払い・キャンセル料無し)

  • 場所が分かり易い
  • 空席が多い
  • 目の前にStarbucksがある

という理由からHoliday Inn Midtownから乗車することが推奨されています。

往復運賃※現金払いのみ

初回(PACカード無):30ドル
2回目以降(PACカード有):10ドル
GOLD以上(常連)のカード保有者:無料

※PAC(Players Adventage Club)カード
=カジノメンバーズカード

ここまで安いと安全面や衛生面など心配でしたが、バスの中は

  • 安定したWi-Fi&電源有
  • 男女別のトイレ有
  • 清潔で綺麗(飲食禁止だから?)
  • 映画上映有
  • (夜は映画無し&照明暗い→快眠)
  • 時間通りの運行

…と、他のバス会社よりもはるかに快適でした。

バスが発車してしばらくすると、添乗員が座席まで来るのでパスポートを提示し、往復運賃を現金で払います

  • 帰りのバスの乗車券
  • 名前・住所・電話番号記入用紙
    (到着後にPACカードを作る為に必要)

が渡された後は快適すぎて爆睡しました。

時刻表

当時の時刻表(Chinatown Centre発)
(現在の時刻表は新型コロナの影響で非公開)

写真の通り、トロント出発時刻と一緒に帰りのバスの出発時刻も指定されていますが、現地で変更することが可能です。

最新の時刻表はこちら

トロントからナイアガラまでの所要時間は約2時間程度と聞いていましたが22:45発のバスで0時前に着きました。(深夜高速飛ばし過ぎ)

ナイアガラ到着・受付

帰りのバスの乗車券とPACカードinトイレ

ホテル到着後、係の人に案内される受付カウンターでパスポート名前・住所・電話番号を記入しておいた紙を見せてPACカードを発行してもらいます。

帰りの乗車時刻はカウンター隣のカジノバス受付で変更可能です。

写真では見切れてしまっていますが乗車券の下部に「*Ticket is valid for 48 hours from the date of issued」とあるのでナイアガラに宿泊して翌日帰ることも可能です。

※カジノバスはあくまでカジノ利用者向け。観光用のスーツケース大きなバックパック車内持ち込みは不可

カジノで遊んでみる

カジノバスの乗客は条件としてカジノの利用が求められています。

帰りのバスでプレイ実績のチェックはありませんが、せっかくPACカードを作るので興味のない人も思い出作りに1プレイだけやるのもありだと思います。

2階にあるカジノ入口でパスポートと手荷物チェックを終え、いざ出陣。

見たことのないマシンばかりでよく分からず、一番シンプルそうなスロットに挑戦。

PACカードと紙幣を挿入してお金をチャージします。(最少額5ドル紙幣から使用可)

タンッ

タンッ

タンッ

リズムよくボタンを叩いてゲームを進めます。

えへ、5ドルGET。笑

ゲームを辞めたいor違うゲームマシンに挑戦したい場合は「CASH OUT」ボタンを押してバーコードのついたCASHOUT VOUCHERを発券します。

場内にあるREDEMPTIONと書かれたマシンにこの紙を挿入することで現金化が可能です。

私はハマると歯止めが効かなくなるタチなので最少額の5ドルしか使いませんでしたが、勝ち負けを繰り返してなんだかんだ初めの5ドルだけで3時間くらい遊べました。(最後は調子に乗って溶かした)

深夜にも関わらず、お年寄りが多かったのが印象的でした。

自分の金を全て溶かした後は、無料でもらえるドリンクを飲みながらおじいちゃんおばあちゃんの神プレーを鑑賞したり、他の観光客と仲良くなったりしてあっという間に時間が過ぎました。

当時ハマっていたTWDのマシンでテンションが上がるものの金が溶けた為プレイできず。
一時期Norman Reedus(Daryl役)の愛用香水を使うほど好きでした。笑

トロントに帰る

帰りは到着した時と同じバスターミナルから乗車します。

帰りの乗車券に記載されたバス番号のある場所で並んでおきましょう。

4:00までカジノで遊んだ後は、国境で学生ビザをワーホリビザに切り替え、ナイアガラ周辺をのんびり観光して15:00発のバスでトロントへ帰りました。

朝イチビザ切り替えについて気になる方はこちら↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました